赤字経営者にハードルが高い住宅ローン

住宅ローン審査

経営が赤字の場合 住宅ローン審査は不利

 赤字経営者の住宅ローン審査というのは、通らないものだと思っている方がいるようです。確かに、経営者というのは自営業ですから、それだけで会社員や公務員よりも審査の時に不利になると思います。更に赤字経営者の住宅ローン審査ということになると、ますます難しくなるのは当然かもしれません。しかし、100%赤字経営なら審査に通らないのかっていうと、そうでもないようです。例外的とでも言うのかもしれませんが、赤字の額が経営者の受け取る報酬以内であるなら審査に通る可能性はあります。

 中小企業だと会社=経営者ということになりますので、経営者の報酬額以内に赤字がおさまっているのなら、それは実質的には赤字じゃないと考えることも出来るそうです。こういう場合なら絶対通るということではないので、それはご注意を。ちなみに、会社経営者の場合は前年度の収入だけじゃなく、過去2〜3年に渡っての所得状況を確認されることになります。そして、住宅ローン審査の場合、その過去2〜3年の中で一番所得が低い年を審査基準にしているそうですので、審査としてとても厳しいと考えられます。ですから、赤字になっていなくても所得が厳しい年が過去2〜3年にあるのなら、審査に通るのは難しいかもしれません。

赤字経営者の住宅ローン審査についてさらにもう少し。聞くところによるとフラット35なら借りられるかもしれないそうです。フラット35の場合、個人審査になるそうで、経営者であったとしても会社の決算書を提出する必要はないということらしいです。聞いた話なので本当なのかは分かりませんが、そうであるなら赤字経営でも審査に通る可能性はあると思います。

 ちなみに、当然ですが赤字経営というのは審査対象期間内に赤字だったならってことであって、一度でも赤字になっていたらってことではありません。基本的に過去3期分の決算書が必要になるので、その3期連続赤字なら先ず無理です。1期でも赤字があると相当厳しいでしょう。尚、先にも書いたようにフラット35の場合は個人審査となるので3期連続赤字でも審査に通るかもしれません。そうそう、書き忘れてましたがフラット35でも決算書の提出を要求する場合があるかもしれないそうなので、決算書提出が不要な受付機関を探す方がいいと思います。でも、ここまで書いておいてなんですが、この頃はフラット35の審査も厳しいので楽観視はしない方が無難です。

 

赤字経営者でも借りれる審査が甘い住宅ローンは?

自分の家が欲しい!と思う方は多いと思います。

しかし、家は数千万単位する大きな買い物です。

以上の事から、支払をするにする。

といった事は難しいですよね。

では、借金をするための審査が甘い住宅ローンはどういった所を選べば良いのか。

色々と方法はありますが、一番オーソドックスなのは銀行・信用金庫で借り入れする事です。

どこから借り入れしようか、自分で悩んでも良いのですが銀行と不動産屋が連携している可能性もあるので、不動産屋の選択に任せても良いでしょう。

万が一、審査が甘い住宅ローンを返済している時に失業した場合残りのお金をどう返済していけば良いのでしょうか。

問題が起こっても事前に対処出来るようにしておきましょう。

一番は、慌てずに焦らず今の状況を確認しましょう。

リストラされた原因が私にあるのか、それとも会社側の理由なのかその理由如何で支給される金額も大きく変わるからです。

職場の事由であれば、失業手当が1年間支給されるはずなのでその期間に再就職を考えながら残りを返済に充てる事も可能です。

しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるので出来る事から一つ一つ確実にこなしていきましょう。

いずれは審査が甘い住宅ローンを組んでマイホームを購入する方は、これは抑えておきたいポイントがあるので参考にしてみて下さい。

今までの買い物で一番高い商品になる事でしょう。

そのため利息や利子の安さだけでは判断しないようにしましょう。

総合でいくら返済すべきかこれを確認する事をおすすめします。

どれほど安い金利であっても他の諸費用がかかってしまうと、最終的に実質負担額が増えてしまったという事もあります。

金利の種類によって支払う金額も大きく異なるため、将来の負担を抑えながら総合的に判断する事をお勧め致します。

迷ったら利用者の口コミなども参考にしてみると良いですね。

住宅ローンは、自宅を購入する際に役立ちます。

ローンの申請は、銀行や信用金庫などから行うことができます。

受付をするときは、銀行側に様々な資料を提出します。

やはり、最長35年という長い期間、大きな現金を貸すわけですから銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。

ですから、ローン申請は申し込めば必ず通る。

というものではありません。

不合格になってしまう人もたくさんです。

ありがちな基準は、勤続年数3年以上・年収は300万以上これが最低クリアしなければいけないラインと言われています。

夢のマイホームを建てたいけど、予算があまりないそのような時こそ、中古の住宅ローンを考えてみましょう。

但し、注意点があるので気をつけましょう。

一番は、借りたお金を返す期間が短い点にあります。

全く新しいものではないので、安全面が考慮されることになり少しでも早く、返済を済ませる必要があるのです。

良い面だけでなく、合わせてデメリットも把握しておかないと逆に毎月の負担が大きくなってしまう事もあります。

またリフォームが必要な場合もあるので、その費用も合わせてどの程度お金が必要なのかを調べる必要があります。

住宅ローンの支払いを長い間しているとまとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。

その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。

繰り上げ返済は月々のローンとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。

繰り上げ返済をする事により、ローンの元の金額を減らす事ができますので、元の借入額を減らす事が出来ます。

借入額が減れば、月々の返済額も減る。

という事になります。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。

審査が甘い住宅ローンと一言で言っても何種類もの商品があり、どこの会社の商品を選べば良いか分らない、これだと自信を持って言えないというのが現状です。

そんな時に専門のアドバイザーに相談して、借金をするやり方もありますがその分、費用もかかります。

これ以外にもこれからずっと支払いをしなければならないので、有料の相談は受けたくないという方が大半です。

今ではFPの資格を持っている仲介者が多く、しっかり探せば相談料がかからずにプロに見てもらえます。

後悔しないためにも、いくつか調べておくと良いですね。

住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。

ローンの金利には大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。

あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。

基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。

また、金利のタイプによって審査が違ってくる。

といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。

固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。

マイホームの購入を考えていらっしゃる方は多いと思います。

購入に当たりまず必要なのは審査が甘い住宅ローンです。

審査が甘い住宅ローンは銀行や信用金庫、ネットバンクから組む事が出来ます。

審査が甘い住宅ローンには金利・審査・諸費用が必須です。

審査の合否は約1週間前後かかります。

金利は契約を結んだ月のものを採用します。

諸費用は、数百万単位が一般的で借入金額によって上下します。

住宅購入を考えても自分の家になるまでこれらの事をこなしていかないといけません。

一般的には3〜4カ月かけて契約が完了します。

住宅を購入するという事は誰でも憧れる事ですよね。

ですが、自分の家を購入する際には必ず審査が甘い住宅ローン審査が必要です。

現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。

ですから、銀行の審査が甘い住宅ローンを検討される方が多いです。

参考:住宅ローン審査が甘い銀行と厳しい銀行の違い

住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。

35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査に通らない人もいらっしゃいます。

審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。

住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。

と言われています。

ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。

住宅ローンで失敗しないポイントは?

今、審査が甘い住宅ローンを返済中の方も将来組む予定のある方も誰でも聞くだけで10年後に得するかもしれない早速、実践して頂きたい秘密の節税対策をご紹介します。

申請するのとしないのでは年間約30万円も違うので、まだ申込みをされていない方は特に事前に確認しておきましょう。

申請可能となる方の条件として新築を建てた方、もしくは今お住まいの家を増改築した方が当てはまります。

更にローン期間が10年以上である事が必要条件になります。

これ以外にも条件が決められているので、再度確認した上で少しでも税金を減らして貯蓄にまわせたら良いですね。

住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。

良く頭金0円で住宅を購入出来る!という広告もありますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。

しかし、頭金がないと月々の返済額が多くなります。

月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。

頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を買うとなると他の費用もかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。

将来、住宅ローンを考えているけど高額なために少しでも利息の安いところで申込みたいと思うはずです。

そこで今回は、安い価格でサービスも充実している是非、利用して頂きたい銀行を紹介したいと思います。

実は『イオン銀行』が今、最も注目されているのです。

こちらは、圧倒的な金利の安さで注目を集めており、更に、イオンでの買い物をするだけでお得な特典として会員だからこそ利用できる割引サービスは嬉しいですね。

また繰り上げ返済時の手数料も無料なのも、人気の秘訣です。

金利以外のサービスもしっかり調べておきましょう。

今後、自分のマイホームを購入される予定の方は殆どの場合、火災保険の手続きも一緒に行います。

ひと月で見積もってもかなりのお金がかかるのに、また別にお金がかかるのは嫌だと思う方も多いでしょう。

ですが万が一、火災で家を失ってしまった場合、この保険に加入していないとその分のローンが残るだけでなく、家が無くなっても支払いを余儀なくされます。

このような事にならないように、加入しておけばお金を貸したローン会社もあなたも損をしない選択なのです。

まずはこのような必要性がある事を把握しておきましょう。

自分で家を建てたいと思い始めたとき住宅購入時の貸付が頼りになるでしょう。

申し込みの後は、初めに審査がありまずそれを見事に合格しないと、次の段階に進むことはできません。

重要視されるポイントとしては年収、勤続年数、仕事内容などです。

また、カードローンの使用歴などもチェックされるケースが多いので今後本当に家の購入を検討しているのであれば無理な使い方はしないようにしてください。

新しく新築を購入したものの、返済している間に癌だと診断されたら、その後の支払いはどうなるのでしょうか。

多くの場合、団体信用生命保険も一緒に入るはずなので債務者がもしも亡くなった場合に自動で付帯されます。

保証内容にガン保険が入っているものもありますが、こちらから要請しないと出来ない場合もあるので注意しましょう。

但し種類があり癌診断を下された時点で支給されるものと、1年間の通院と入院をされた場合に振り込まれる事もあります。

このような保証も月々でみるとそれほど大差はないので、このような場合に備えて保険内容も確認しておくと安心ですね。

最近では様々な住宅ローンの商品が出回っており、人気の会社の商品はどれなのかを知らない為に、決めきれずにいる方が非常に多くなっています。

自分では決めかねるという方は、アドバイザーに相談した上で借入れをするという方法も一つですがお金がかかります。

消費者である私達はこれから先も金利を払う義務があるので、お金をかけてまで相談したくないという方が殆どです。

殆どの場合、FPの資格を持っている仲介者が多いためしっかり探せば相談料がかからずにプロに見てもらえます。

自分で出来る範囲で勉強しておくといいですね。

マイホームの資金調達として役立つ審査が甘い住宅ローンローン申請は、銀行等で受け付けています。

ローン申請の際は、むこうから提示されるいろいろな資料を用意する必要があります。

なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行側は、年収と勤続年数を特に重点的に見て審査をします。

なので、申込をすれば確実に通る。

という風な単純なものではありません。

通過しなかったケースも多々あります。

よく見られる基準として、年収は300万以上・勤続3年以上が最低ラインと言われています。

住宅ローンを完済出来ていない状況で離婚することになった場合、返済できていない分の支払いは誰がするのでしょうか。

ことに幼いお子さんがいる方は、ローンはもちろんの事、子供を育てる責任があるので別でお金を払う必要があります。

まずは不動産の名義人は誰なのか、契約内容もしっかりと確認し、夫と妻両方が合意できる契約を結びましょう。

家を売ってお金にするという方法もありますが、ローンの方が販売価格よりも高くなってしまうと、返済を余儀なくされてしまうケースが多いです。

よく話し合ってお互いが後悔のない選択をしましょう。

マイホームの購入を考えた時住まいの融資を申し込む人がたくさんいると思います。

銀行と名が付く所ならどこでも申請はできるのでせっかくですから評判が良い所が良いですよね。

その際、参考にしたいのが口コミサイトです。

サイト内は資金に関係する事柄だけでなくお客様に対する接客態度やお店が感じ良いかどうかまで細部にわたって書かれていたり、星の数で点数を表している場合もあるので契約を良いものにしたい人には大変良い参考例になるかと思います。